武徳祭記念石碑除幕式
(2012年4月28日)


写真


写真


写真


写真


写真

京都市武道センター 旧武徳殿(重要文化財)において、(現)大日本武徳会により開催される第五十回全国武徳祭・第四回世界武徳祭を記念し、桜の植樹と石碑が建立され、この日めでたく除幕式が執り行われました。
残念ながら小生は諸般の事情により参列できませんでしたが、道観世宗慶先生(JBKA理事長・大日本武徳会本部理事・空手道範士八段)から、石碑除幕式の様子を写真でお送り頂きました。(改めてお礼申し上げます。)
東伏見慈洽総裁揮毫による『襲古還新』の文字が刻まれた石碑の隣りには浄財寄進者の名を刻んだ別の石碑が建立され、先達の先生方と共に小生の名も刻んで頂き、未来永劫に武道発祥の地に武徳の栄誉を遺すことと成りました。身に余る栄誉に無上の慶びです。
晴天の下、大日本武徳会が由緒ある正統な武徳会である証となった、誠に記念すべき素晴らしい一日です。


このページの先頭へ

メニューが表示されない場合はこちら